症状の確認

年齢とともに現れてくる肌の症状。 それらの症状には、とてもたくさんの種類がありますので、実際には、それらの症状に合わせた治療や施術を行うことになります。

ここでは、病院・クリニック選びの参考に、加齢によるお肌の症状の一例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは気になるほうれい線

年齢を重ねた女性がまず気になるのは、顔にできたほうれい線なのではないでしょうか?

鼻の両脇から唇の両端に伸びていく線をほうれい線と呼びますが、元々顔にあったのでは?と疑いたくなるほどに、クッキリと線が入りますので、気にならない女性はいないのではないでしょうか?

マリオネットラインって何?

ほうれい線もそのままにしておくと、さらに加齢が進行し、二重ほうれい線と呼ばれる症状に発展していきます。 また、その線は、マリオネットラインと呼ばれており、口角から顎に向かってシワが伸びていくラインのことを指します。

ほうれい線よりも肌の老化が進んだ際に現れる線となっていますので、より老化した印象が顔の中に現れることになります。

ほうれい線対策を行ってくれる病院やクリニックでは、これらの症状の種類に合わせた施術を行ってくれますので、比較・検討の前に、自分のお肌の症状を確認することからはじめることが重要です。 一度、鏡を見ながら、ほうれい線の状態をチェックしてみましょう。